インスタグラムはじめました

施設概要・設立目的 小千谷市錦鯉の里

錦鯉とは

 「錦鯉」とは、色や斑紋があって、鑑賞用に飼育する鯉の総称であり、一般に食用とする「鯉」とは分けて呼んでいます。19世紀の初頭、食用の鯉を観賞用に改良しはじめ、今日の美しい錦鯉へと移り変わりました。

小千谷市錦鯉の里とは

小千谷市は錦鯉の発祥地です。小千谷市錦鯉の里は、その歴史を紹介し、錦鯉を多くの人達に見ていただける世界唯一の展示施設です。
錦鯉は、春から秋にかけて土の池で養殖するため、産地では澄んだ水で美しい姿を間近で見ることはできません。このことから小千谷市では、いつでも本場の錦鯉をご覧いただけるよう、1989年10月に小千谷市錦鯉の里をオープンしました。

パンフレットをダウンロードできます!


日本語 (1MB)

英語・中国語(簡体)(1.5MB)

中国語(繁体)(1.5MB)

インフォメーション、新着情報、更新履歴

2020.08.07 団体やグループでお越しのお客様へ
錦鯉の里では新型コロナウイルス感染防止のため入館人数を制限しております。 団体でお越しの場合は必ず事前にご予約をお願いします。 詳しくは「団体のお客様へ」をご覧ください。



2020.06.19 お知らせ
6月19日(金)から、全国における新型コロナウイルスの影響による地域をまたぐ往来が解禁となりました。
施設利用について次のとおりとさせていただきます。ご不便をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 なお、今後も感染状況や国・新潟県の対応状況などをふまえ、施設利用について適宜対応を見直すこともございますのでご了承ください。
1.施設の利用は、通常どおり利用可能となります。
2.手洗いやうがいを徹底し、マスクの着用をお願いします。
3.熱や咳などの症状のある方、体調の優れない方は利用をご遠慮ください。
なお、新型感染症の予防のため混雑時には入場制限を行う場合があります。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



2020.06.01 お知らせ
6月1日から新潟県外の方もご利用いただけます。 ただし、次の地域の方の利用はご遠慮ください。
制限対象地域\東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、北海道
なお、入館の際はマスクの着用をお願いします。



2020.05.18 お知らせ
5月18日(月)より下記の条件により開館いたします。 錦鯉の里に入館できる方
1 新潟県民の方
2 マスクを着用している方
3 体温が37.5度より低い方
*県外からお越しの方、マスクを着用されていない方、体温が37.5度以上の方の入館はお断りいたします。
なお、新型感染症の予防のため混雑時には入場制限を行う場合があります。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



2020.05.08 お知らせ
5月11日(月)より下記の条件により開館いたします。
錦鯉の里に入館できる方
1 小千谷市民の方
2 マスクを着用している方
3 体温が37.5度より低い方
*市外からお越しの方、マスクを着用されていない方、体温が37.5度以上の方の入館はお断りいたします。
なお、新型感染症の予防のため混雑時には入場制限を行う場合があります。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。